燃えるテニス魂

テニスの主な練習方法

テニスの練習には、ラケットを使うものと、そうでないものがあります。
まず、ラケットを使う練習としては、素振りがあります。
できれば、全身をガラスや鏡に映しながら素振りをすると、フォームの欠点がわかりやすいです。
壁打ちも有効です。
壁がない場合は、まりつきの要領でラケットでボールを地面につく動作を繰り返すことも有効です。
ストロークでもボレーでも、テニスで自分が狙ったところに威力のあるボールを飛ばすには、力加減だけでなくフラットな面を作ることがとても大切です。
ラケットでボールを地面についたり、反対にボールを上に跳ね上げたりする動作を繰り返すことで、自然にフラットな面を作るコツが身についてきます。
ラケットが使えない場合は、手のひらをラケットに見立てて素振りをする方法もあります。
また、テニスでは、前後左右に瞬時に動いてボールを拾わなくてはなりませんので、短い距離を素早く移動できる瞬発力が必要です。
この力を養うには、短い距離のダッシュを前後左右に繰り返して行う方法が考えられます。

初心者が注意したいテニスの練習方法

テニスはコート上で1対1または2対2で競うゲームなので、練習もコート上でストロークやボレーを行うことになります。
基本的にはリレーをしながら、様々な打ち方に慣れるのが良いのですが、コートは限られた時間しか使用できなかったり、相手が必要なためそう手軽に行える練習ではありません。
そこで壁打ちによってストロークとボレーを繰り返すのが最も手軽で、上達に良いと言われる方法です。
壁があれば何処でも練習が可能で、高架下の橋桁などでもできるうえ、時間にも縛られないので、納得がいくまで何度でも繰り返すことができます。
しかし、住宅街の近所などでは音が響くいて迷惑になることもあるので、周囲の状況などをよく見て考えましょう。
また、壁打ちはボールを打つ練習としては良いのですが、間違ったフォームを覚えてしまうと、指摘する人もおらず修正が困難になってしまうので注意が必要です。
また、テニスのゲームとはかけ離れた行為になるので、雰囲気やルールを覚えるためにも、時にはコート上でプレーすることも忘れないようにしましょう。

Favorite

2017/1/5 更新